脳トレするならノートとれ!

脳トレするならノートとれ!

あなたはどっちですか?

メモは取ったほうがいい?
メモは取らなくてもいい?

答えは後ほど。

 

あなたは普段メモのとり方で悩んでませんか?

・いつもぐちゃぐちゃで振り返れない…ぐちゃぐちゃメモ君
・デジタルがいいのかアナログがいいのかあれこれ試す…試行錯誤君
・そもそもメモしたことを忘れている…忘却のかなた君

はい、よくわかります。
僕も同じことで悩んでましたから。

では、何のためにメモをとるのでしょうか?

忘れないため?

そうですね。半分正解です。

エビングハウスの忘却曲線で有名すぎる話ですが、

20分後には、42%忘れる
1日後には、74%忘れる

あぁ、なんということでしょうねぇ
昨日メモとってなかったあの部下は
もう8割がた忘れてますよ!

では記憶力がアップできたら、
メモしなくても大丈夫でしょうか?

記憶力アップと言えば脳トレですが、
脳トレと言って何をイメージしますか?

瞬間記憶を鍛える?
頭の回転を早くする?
脳を活性化する?
アハ体験?

うん、うん、うん、僕もよくやってました。

そもそも、考えてもらいたいんですが、
記憶力がアップしてメモをとらなくても
話を覚えられたとして、
それでいいんですか?

で、冒頭の質問です。

メモは取ったほうがいい?
メモは取らなくてもいい?

僕の持つ答えは、

「メモではなく、ノートをとる」

です。

 

言われたことを忘れない
=正確に記録するのはスタートライン

ビジネスで求められているのは、
上司の話、取引先との話、という
いわば「問題を解決」して、
「成果を出す」ことが目的ですよね?

つまり、

鍛えるべきは記憶力ではなく思考力

思考力とはロジカルに考えること

問題を、事実と解釈に切り分けて、
解決策という行動を導き出す。
それができるチカラが思考力

では思考力を鍛えるにはどうする?

ロジカル思考の本を読む!

のではなく、ノートをとりましょう!

メモではなくノート!

ノートを使うと、
問題から事実と解釈を切り分けて、
解決策という行動を導き出す
それが紙の上で再現できます。

つまり、

「脳トレするならノートとれ」

座布団3枚くらいで勘弁してください(^_^;)

 

ノートについて体験したい方は下記のイベント情報をご覧ください
http://okamura-takuro.com/category/seminar/

こちらのブログも参考にしてくださいね(^^)

人生を変える4つの方法、そしてノートを変える
http://okamura-takuro.com/2016/03/23/improvelife4way/

あなたの人生が変わる!学びを行動に変えるための「3つの分ける」ノート術
http://okamura-takuro.com/2015/07/31/note_3wakeru/

 

【メルマガほぼ日で発行中です!】
もっと頑張って仕事をこなそうとする「やり方」の追求ではなく、ラクになる仕組みづくりで業務を効率化して、仕事メタボから脱出! 仕事5倍速!を実践していく「考え方」などお届けします。

仕事5倍速!実践会メルマガ登録フォーム
メールアドレス