GWの渋滞5時間を解決する!?

GWの渋滞5時間を解決する!?

GW3連休は子供たちの野球部の合宿で伊豆に
2泊3日で行ってきました。

もう10年以上も続く部の伝統行事ということで、
企画・運営いただいた監督・コーチを始め、
チームに関わる皆さんの子供達に対する思いを
感じられた素晴らしい時間でした。

合宿所から見えた富士山


ところで、都内から伊豆までは、東名高速乗る
と140キロ程度、通常2時間の距離が、GW
の混雑で5時間の行程でした…
車内でのオヤジトークも野球の話か渋滞の話に
自然と集約されていきます。


もっと朝早く出ても良かったねとか、近場で良
施設があればそちらにするのもありだね、と
かありがちな
そんなたわいもない話から、だん
だんと妄想系
の話になっていきます。


宝くじが当たったら自家用飛行機買ってピスト
ン輸送しようとか、いやヘリコプターじゃない
と場所の選択肢が減るとか、ヘリコプターなら
オスプレイにすれば全員いっぺんに運べるとか

いやいや近場に専用グラウンド作ってしまおう
とか、ドームにすれば天気も気にしないで済む
なんて話になって、まぁ、戯言ではありますが
それはそれで面白い訳です。

ふと、これってビジネス の現場で発生した問題
の解決方法を探している
時によく陥りがちなパ
ターンと同じじゃないか
って思ったんですよね。


つまり、渋滞にはまっている状況という目の前
の問題を解決しようとしてしまい、本当の問題
を解決しようとしてない、ってことです。


本当の問題とは、そもそも合宿の目的は何か?
を踏まえて考えることです。
合宿のしおりによると、目的は2つあります。

①野球の技術伸長と基礎体力の向上を図る。
②集団生活を通して、社会性や連帯感を育てる。


この場合は、いかに練習時間を確保するか?と
いうことが本当の問題だと僕は考えました。


そもそも、練習=グラウンドなのかな?と考え
てみると、野球は実践と理論の両面が大切だと
改めて気づきます。

だとすると、

例えば、この渋滞にはまった移動時間の5時間
車内移動野球教室として、野球のルール解説の
時間として使うこともできる訳です。


「5時間の渋滞」を解決するのではなく、何の
ために移動しているのかという目的を踏まえて
考えると、「練習時間として使える5時間」と
見ることも出来る。


ビジネスとは問題解決、なのですが、目の前の
問題を解決するのではなく、目的を踏まえた本
当の問題は何か?定義してから、解決策を考え
る。このロジカルな流れが大切です!

その時に、頭の中だけで「考えよう」としても
どうしても目的を見失ってしまいがち。
拙速は巧遅に勝る、とは言いますが、本質を外
していては結果残念なことになるので、基本は
面倒でも、紙に書いて見える形にして
「考える」
ことが何より大切です。


ロジカルに考えるために、紙に書いて考える
1行目の問題定義が何より大切です!
是非とも!

【メルマガほぼ日で発行中です!】
もっと頑張って仕事をこなそうとする「やり方」の追求ではなく、ラクになる仕組みづくりで業務を効率化して、仕事メタボから脱出! 仕事5倍速!を実践していく「考え方」などお届けします。

仕事5倍速!実践会メルマガ登録フォーム
メールアドレス