息子が風邪をひいた。夫婦で意見が相違。さてどうする?

息子が風邪をひいた。夫婦で意見が相違。さてどうする?

先日息子が風邪をひきました。夫婦間の意見
の相違から考える問題解決のお話です。
 
 
朝からゲホゲホ咳き込む息子1号。どうやら
風邪をひいたようです。


僕「病院連れてってくれる?」
妻「ん?連れてかないよ?」
僕&妻「なんで??」


来ました!夫婦間の意見の相違!今日はどう
なるのか?ハラハラドキドキです(笑)


意見の相違とは『事実』に対する『解釈』の
相違です。では、『事実』は何か?


・息子が1分に1回は咳き込んでいる
・咳は痰が絡んだ音がする
・息子の体温は37.3度(昨日は36.3度)
・息子が「なんかツラい」
・息子が「ねぇお父さん、何で咳が出るの?」
 と聞いてきた
・息子は朝食のパンを完食した
・息子は咳き込みながらホークスの応援歌を
 歌ってる


この『事実』を踏まえての、僕の『解釈』は、 
 
咳き込んで辛そうだし、週末は野球部。家族
に感染させたくないし、「早く」咳を止める
ために、抗生物質を処方してもらおう。
 
 
それに対して、妻の『解釈』は、
 
 
熱も大してないし寝ておけば、「そのうち」
治るよ。治んなければ、野球部は休めばいい。
薬に頼らないのが基本!
 
 
同じ『事実』を前にどう『解釈』するかが
こんなにも違うというのが面白いですよねー
 

どっちが正しいかどうかにフォーカスしてし
まうと、泥沼の戦いとなってしまいますよね。
というか勝ち負けの土俵に持って行くと無益
な戦いとなるだけですしね(^_^;)
 
 
てことで、解決策=どう『行動』するのか?
を決めるには、お互いの『解釈』を理解する
ことが問題解決の第一歩。主観ではなく客観
としてみてみる。
  
 
その上で、問題解決のゴール=『論点』を改
めて考えてみました。

「息子1号が微熱で、咳が出てツラい状態を
 解消するにはどうしたらいい?」

当の本人は倒れてる訳でもなく、もう10歳
意思決定できる歳だし、ということで、息子
1号本人の意思に任せました。
 
 
「なぁ息子君、君の咳が止まらないのはウィル
 ス感染、つまり風邪をひいたためだと思われ
 る。ついては解決策として2つ提案するね。

 1。お父さんと病院に行って薬もらって飲む。
 2。このまま布団で寝ている。

 薬を飲めば早く良くなって週末の野球部にも
 行ける可能性は高くなるけど、寝てるだけだ
 と、そのうち治るけど週末の野球部には間に
 合わない可能性は高くなる。

 どっちを選ぶ?」
 
 
結論としては彼は「寝ている」を選択しました。
咳は残るものの今日は学校にも行けたんで、その
点はよかったですが、妻は風邪もらったんで、そ
の点としてはどうだったかな?
 
 
何がベストかどうかなんて永遠にわからないし、
振り返ってもキリがない。でも、選択した上での
結果なんで受け入れることはできる。


そんな感じで、『事実』を元にお互いの『解釈』
を確認して、そもそもの『論点』に沿って解決策
を選択する。こんな感じで問題解決のプロセスを
見える化してみるのも面白いですよ(^^)/
 

【メルマガほぼ日で発行中です!】
もっと頑張って仕事をこなそうとする「やり方」の追求ではなく、ラクになる仕組みづくりで業務を効率化して、仕事メタボから脱出! 仕事5倍速!を実践していく「考え方」などお届けします。

仕事5倍速!実践会メルマガ登録フォーム
メールアドレス