先送り解消のコツは、見晴らしの良い手帳から!

先送り解消のコツは、見晴らしの良い手帳から!

先送りの原因となっている見晴らしの悪い手帳
そこに潜む「見えてない三兄弟」の秘密

前回は「予定として見えてない」
をお伝えしました。今回はその続編です。

見えてない三兄弟

2つ目は、始まりと終わりが見えていない

予定として入っているというのは、何時から
何時までという文字通り予定として、手帳に
ブロックされているということです。
 
 
例えば、「今日」とか「今夜」というレベル
で予定を立てませんか?
いわゆる「時間があったら野郎(やろう)」
ですね。
 
 
で、今日やる、っていつやるんですか?
 
 
誰かと会う予定を立てるとしましょう。
その時「火曜日の夜会おう」と約束します?

そんなこと言われたら落ち着きませんよね?
「え?いつ?何時にどこに集合する?」って
思いますよね。
 
 
自分とのタスクというアポにも同じように向
き合ってますか?
相手がいないアポである以上、自分が自分に
「時間だよ」と教えてあげないと行動しづら
いですよね?
 
 
そして、大切なのは終わりも決めてあげること 。
日本人は5分の遅刻には厳しいのに、1時間の
残業には無頓着と外国人労働者から指摘されて
ますが、時間に「終わり」の概念を持ち込んで
みてください。時間は有限のリソースです。
 
 
「1時間で終わる」と決めたタスクは1時間で
どうやって終わらせるか考えるものです。
これが終わりがないとどうでしょう?
ダラダラといつまでもやることになりませんか?

自分とのアポも他人のアポも同じです。始めと
終わりの時間を明確に区切りましょう。
そうして、予定として見えるようにしましょう!

是非とも!

残り1つの秘密はこちらからどうぞ!
先送りできなくなる手帳の「見える技術」

 

 

【メルマガほぼ日で発行中です!】
もっと頑張って仕事をこなそうとする「やり方」の追求ではなく、ラクになる仕組みづくりで業務を効率化して、仕事メタボから脱出! 仕事5倍速!を実践していく「考え方」などお届けします。

仕事5倍速!実践会メルマガ登録フォーム
メールアドレス