パフォーマンスの限界はどこ?

パフォーマンスの限界はどこ?

みなさん、休日はゆっくり過ごされますか?
平日は仕事で時間に追われる生活だから、休日くらいはゆっくり
過ごして、気力・体力の回復を促すのもいいですね。

ただ、普段から長時間労働しているから、週末は疲れきっている
のだとすると、ちょっと考えておいた方がいいことがあります。

それはあなたの「脳」の状態がパフォーマンスを決めているという
ことです。

1日は24時間あっても24時間仕事には費やせません。
睡眠時間を削って深夜残業してたとしても、そもそも脳がパフォー
マンスを維持できる限界というものが存在します。

厚生労働省による「健康づくりのための睡眠指針2014」によると
起床後12−13時間が集中力の限だと指摘されています。

つまり、6時に起床される方は、18時までに仕事を片付けることが、
更にいうと、脳のコンディションが最高な午前中に重要な仕事を片付ける
これが、最高のパフォーマンを維持するために必要なことです

さらに怖い話、聞きたいですか?

英科学誌『ネイチャー』掲載論文によると、 起床後15時間経過した
人間の脳は、酒気帯び運転と同じくらい能力が低下しているということ。
6時に起床される方は、21時には酔っぱらい運転程度の思考力になっていて、
さらに、起床後17時間以上経った状態では、ほろ酔い状態と同じ能力しか
発揮できない!というのです。

23時過ぎてまで深夜残業して仕事しても、飲酒しながら仕事してるのと
変わらないパフォーマンスしか発揮できてないという皮肉です。
これなら同僚と飲みに行った方が精神衛生上は良さそうですが、
あ、どうせ愚痴しか聞かされない飲み会なら行っても行かなくても同じか(笑)

たくさんの仕事を抱えて片付けようと長時間働いていても、実はちょいミスが
あったりして、翌朝やり直した。。。なんてことないですか? 僕はあります。
深夜残業した挙句にやり直す仕事の虚しかったこと。

なので、多くのことをやろうとするのでなく、 今日成し遂げたい!たった一つに
フォーカスして、早い時間からそこに最大のパフォーマンスを発揮できるようにする。 
今日の1ゴールを決めて全力投球、してみてくださいね!

是非とも!

【メルマガほぼ日で発行中です!】
もっと頑張って仕事をこなそうとする「やり方」の追求ではなく、ラクになる仕組みづくりで業務を効率化して、仕事メタボから脱出! 仕事5倍速!を実践していく「考え方」などお届けします。

仕事5倍速!実践会メルマガ登録フォーム
メールアドレス