仕事の設計図

仕事の設計図

小2の息子の誕生日に買ったのが
青色のかっこいい車のプラモデル
結構、精密なパーツが多いんです

息子の「パパも手伝って」からーの、
「パパが作って」モードになってます
老眼なんで手元が結構辛いんですが、
設計図見ながら
子供の頃を思い出して結構楽しんでます

ふと、これ設計図ないと完成するの
結構難しいだろうなーなんてことを
感じたんですが、これって仕事にも
当てはまると思いませんか?

あなたの仕事に設計図はありますか?


あなたが、もし、

・出社早々、朝からバタバタしている
・目の前の仕事を次から次へとこなしている
・仕事をコントロールできてる感じが全くない

こんなことを日頃から感じているなら、
もしかして、仕事の設計図がない、
ってことが原因かもしれません

仕事の設計図とは?

仕事の設計図に必要なのはこの3つ

1.ゴールイメージが明確にわかる
2.そこまでのプロセスが明確にわかる
3.何をすればいいか明確にわかる


昔から、段取り八分で仕上げが二分
そう言われてますが、もう耳タコですよね?

それがわかっているのに、出来てない、なら、
もしかすると、忘れてしまってる
ってこと、ないですか?


1日の仕事の段取り
受けた仕事の段取り


考えてたはずなのに忘れてる。。。
としたら残念ですよね
脳は思考するために使う臓器です
記憶に労力使うのはもったいない


だから、


目の前のことにすぐ取り掛かり、
一生懸命取り組む、

その前に

まず、全体像をはっきりさせてから
プロセスを決めて、やることを決める

段取りをノートに書く

書けば忘れません
さらに紙の上で全体像が見えるから
仕事の流れをコントロールしてると
認識できるので、見えない不安や
追われてる感覚もなくなります

段取りをイメージする、
そして、ノートに書く
そしたら、取り組み始める
この流れ、最強です

あなたも仕事の設計図を書く
そこから始めてみませんか?


是非とも!

もし、木を切り倒すのに6時間与えられたら、
私は最初の4時間を
斧を研ぐのに費やすだろう。

- エイブラハム・リンカーン -

【メルマガほぼ日で発行中です!】
もっと頑張って仕事をこなそうとする「やり方」の追求ではなく、ラクになる仕組みづくりで業務を効率化して、仕事メタボから脱出! 仕事5倍速!を実践していく「考え方」などお届けします。

仕事5倍速!実践会メルマガ登録フォーム
メールアドレス