作業は早くても、仕事が遅い理由(わけ)

作業は早くても、仕事が遅い理由(わけ)

あなたが、もし、

色んな仕事のノウハウを学んでいて
作業は早いのに、
仕事が遅い、終わらない、
と悩んでいるのなら


もうこれ以上、
作業を早くしよう!
なんて考えないでください


例えば、マラソン
いくら足が速くても
闇雲に走っていては
ゴールにたどり着くのは
おぼつかないでしょう


ゴールまでの道のりを
チェックした上で
どこをどういう風に走るか
事前に計画を立てるはずです

給水ポイントはどこか?


仕事も同じです
作業が早くても
ただ闇雲に目についたところから
処理していっても
どうしても引っかかってしまう箇所
ないでしょうか?


例えば、
・処理そのものが複雑だったり、
・あなた一人では完了できなくて、
 他の人の仕事が絡んでいたり


これまでサクサク処理できていたことが
急に足が止まってしまうような難関
いわば、仕事での”給水ポイント”
事前に押さえてますか?

段取り八分


あなたに必要なこと
それは、

仕事を始める前に
ゴールまでのプロセスを
まずは見極めること


最初にこれ、次にあれ、
そしてこれして、最後にどうする


そしたら、
それぞれのプロセスごとに必要な
タスクを書き出して
時間の見積もりしてみる


すると、
ゴールまでの全体像が見えてきます


あ、ここは時間かかりそうだけど
最初に田中さんに依頼しとけば
あとで同時に処理できるな、とか

このデータはこの資料と一緒に
まとめて処理できるな、とか


仕事をスムーズに流すための
"給水ポイント"が見えてきます


脚が速いのが自慢であっても
闇雲に走り出すその前に、
ゴールまでのプロセスを見通す段取りこそ
あなたの仕事を早くします


さあ、
仕事始める前にはノートを取り出して
まずは10分、書き出してみましょう
その10分が、今日の30分を生み出しますよ!

是非とも!

【メルマガほぼ日で発行中です!】
もっと頑張って仕事をこなそうとする「やり方」の追求ではなく、ラクになる仕組みづくりで業務を効率化して、仕事メタボから脱出! 仕事5倍速!を実践していく「考え方」などお届けします。

仕事5倍速!実践会メルマガ登録フォーム
メールアドレス