仕事メタボには3つある。あなたはどのタイプ?その①タスクまみれ君

仕事メタボには3つある。あなたはどのタイプ?その①タスクまみれ君

もうすぐゴールデンウィーク!大型10連休の方もいれば、カレンダー通りという方の方が多いですかね?
浮かれた気持ちになる一方で、休みが重なると仕事がたまって大変だから、実はちょっと憂鬱って方、
それってもしかしたら仕事メタボなのかもしれませんね。

例えば、

タスクリストが溢れてて、やってもやっても仕事が終わらない、、、
いつも残業まみれで、帰宅しても子供の寝顔しか見れない、、、
やりたいことがたくさんあるけど時間がいくらあっても足りない、、、

こんな状態でお悩みではないですか?

これってまさに仕事メタボなんですが、
実は仕事メタボには3つのタイプがあるんですが、ご存じでしたか?

3つの仕事メタボ、あなたはどのタイプ?

あなたはどのタイプに当てはまりますか?

1.タスクまみれ君

2.時間足りない君

3.やりたいことだらけ君

複合型の方もいらっしゃるでしょうね。

それぞれのタイプへの処方箋を示していきます。

 

タスクまみれ君

症状:
・タスクリスト(TODOリスト)がいつも埋まってて、やってもやっても仕事が終わらない
・タスクリスト(TODOリスト)に載ってない緊急のタスクに振り回されている
・タスクリスト(TODOリスト)の「良い」管理方法をあれこれ試している
・タスクリスト(TODOリスト)を管理することが目的化してしまっている
・同僚に比べ自分だけ仕事が多いのは、認められているからだと思う

原因:
タスクごとに重要度と緊急度での価値付けができていない可能性が高い。

処方箋:
タスクごとの価値を見極める力を鍛えましょう。

解説:
そもそも今やる必要があるタスクでしょうか?
そもそもあなたがやらないといけないタスクでしょうか?
知的労働者のほとんどが、平均労働時間の41%を他人に任せられる仕事に
費やしているという調査結果もあります。

仕事をやるのはタスクをこなすことではなく、成果を出すこと。
つまり、売上を上げる、利益を増やす、コストを減らす。
これに繋がらない仕事をあなたがやるのはやめて、
あなたが自分の価値を発揮出来る仕事にフォーカスできれば、
少ないタスク量でも、成果をめいいっぱい出すことができますよね?

どうやったら仕事5倍速!を実現できるか?と考えてみてください。
あれこれ大量のタスクを処理することではなく、
あなたが得意で、会社の目標達成に合致する領域の仕事にフォーカスすることが、
あなたの価値を高めつつ仕事での成果も出せることに気づくと思います!

是非とも!

残り2つ「時間足りない君」「やりたいことだらけ君」は今後に続きます。


セミナー開催してます!

仕事メタボ脱出の処方箋、仕事5倍速!を実践する考え方
そんなセミナー開催してます。
セミナー情報はこちらからどうぞ!

【メルマガほぼ日で発行中です!】
もっと頑張って仕事をこなそうとする「やり方」の追求ではなく、ラクになる仕組みづくりで業務を効率化して、仕事メタボから脱出! 仕事5倍速!を実践していく「考え方」などお届けします。

仕事5倍速!実践会メルマガ登録フォーム
メールアドレス