【7刷決定!】自分を劇的に成長させる! PDCAノート【読者特典あり!】

【7刷決定!】自分を劇的に成長させる! PDCAノート【読者特典あり!】

発売3日にして重版決定!>発売11日で3刷決定!>発売20日で4刷決定!>発売1ヶ月で5刷決定!>発売1ヶ月半で6刷決定!>発売2か月で7刷決定!

◆PDCAこそが、自分を変える最強の武器である

「仕事・プロジェクトを確実に成功させたい」
「自分の能力や仕事のスキルを高めたい」
「ミスやトラブルを減らしたい」
「仕事で結果を残したい」

そう思ったことはありませんか?
もし、そう思っているなら、最強のフレームワークがあります。
それがPDCAです。PDCAは、

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善行動)

と表される、品質管理や生産性、効率を高めるフレームワークです。
当然、ご存じの方も多いかと思います。

一流の人ほどこのPDCAが回っているかどうか、を意識しています。
PDCAは回すことができれば、あらゆる物事は常に改善され続け、
一定の成果を確実に出すことができる最強のツールなのです。

しかし、多くの人が「PDCA」を知っているだけで、
「回せていない」のではないでしょうか。
PDCAは知っているだけ、意識しているだけでは、
何の意味もありません。PDCAは継続して回すことで初めて成果に結びつきます。

本書では、これまで誰も教えてくれなかった
PDCAを簡単に回すノート術をご紹介していきます。

◆PDCAはノートで回せ! 〜外資系企業マネージャー×時短コンサルタントが教えるPDCAの回し方〜

本書でご紹介するのは、
ノートを使ってPDCAを回す方法です。

多くの人がPDCAを回せない理由は、
PDCAを回す3つのルールが理解されていないからです。
ノートを使うことで自然と
PDCAが仕組み化・習慣されるようになります。

著者は、外資系企業マネージャーであり、 時短コンサルタントとして活動もしているハイブリッドサラリーマンです。
自らPDCAノートを開発し、生産性を高めていった結果

・ かつて月間100時間以上もあった残業がゼロに
・ 年収2・3倍にUP
・ ダイエット13キロの減量
に成功

などの結果を生み出しました。
本書では自分自身はもちろん、多くの人の成果を生み出している
PDCAノート術を余すところなく公開しています。

・ 毎日の思考・行動を改善するPDCA
・ 目標達成のためのPDCA
・ プロジェクト達成のためのPDCA
・ 商談・交渉のためのPDCA

など、あらゆるPDCAを回せるメソッドになっています。
しかも、同時に仕事のスピードと質を高めるメソッドもご紹介しています。
自分自身を変えたい、もっと加速的に成長したいと思っている方に
オススメの一冊です。

目次

第1章 P D C Aを回すだけで人生は変わる
第2章 ノートを書く前に覚えておくべき「P D C A 思考」
第3章 P D C Aノートのつくり方
第4章 P D C Aノートを高速で確実に回す方法
第5章 P D C Aを習慣化する方法
終 章 あなたのビジョンを実現する人生のPDCAを回そう

本の詳細

単行本(ソフトカバー)
出版社: フォレスト出版 (2017/1/7)
言語: 日本語
ISBN-10: 489451740X
ISBN-13: 978-4894517400
発売日: 2017/1/7

読者特典あります!

7大読者特典をご用意しました!

特典1:デイリーPDCAノート【普段の一日編】著者ポイント解説つき実例サンプル
特典2:デイリーPDCAノート【学びメインの休日編】の著者ポイント解説つき実例サンプル
特典3:デイリーPDCAノート【家族と過ごす休日編】の著者ポイント解説つき実例サンプル
特典4:デイリーPDCAノート【ダイエット編】の著者ポイント解説つき実例サンプル

特典5:プロジェクトPDCAノートの著者ポイント解説つき実例サンプル
特典6:商談PDCAノートの著者ポイント解説つき実例サンプル
特典7:あなたの行動を加速させる!見えない言葉を見える化するチェックリスト

本書記載の読者特典ページにアクセスいただくとダウンロードいただけます。
この機会を逃さず、是非ともお手にとってくださいね!

【メルマガほぼ日で発行中です!】
もっと頑張って仕事をこなそうとする「やり方」の追求ではなく、ラクになる仕組みづくりで業務を効率化して、仕事メタボから脱出! 仕事5倍速!を実践していく「考え方」などお届けします。

仕事5倍速!実践会メルマガ登録フォーム
メールアドレス

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 一つの気づきを得たあと、本書の購入者特典をゲットし、著者に感謝のメールを送った。 すると、翌日に返信が届いた。 […]