ダイエットするなら正しい問題定義が命

ダイエットするなら正しい問題定義が命

今日のテーマは「問題解決」

メルマガへの感想いただく中で、カラダの方のメタボ脱出の話をして欲しい
というリクエストが多かったので、カラダメタボ脱出から考える問題解決に
ついて今日はお送りしますね。

僕は身長175cmで、20代は58kgとガリガリでした。
それが30代前半で65kg、40歳で78kgと1.3倍にも成長(^_^;)

2012年にダイエット開始してほぼ1年で10kg減。
今は65kgなんで13kg痩せて10年前の体重に戻りました。

この話すると、ほぼこんな質問と感想いただきます。

「何ダイエットしたの?」
「努力家だよねー」「ストイックだよねー」

えーっと、翻訳すると、
ダイエットは大変だ、だから、楽なやり方があれば知りたい
ということだと思うんです。

でも、「痩せる」こと自体は簡単なんですよ。

消費カロリー>摂取カロリー

そうなる生活を送ればいいだけですから。
では、ダイエットを難しくしているの何か?
それは、

正しい問題定義ができてないから

というのが僕の答えです。
よくありがちで、かつて僕もやっていたのが、
太ると健康上のリスクがあると「言われてる」から
痩せないと「いけない」という理由付けです。

どんな「やり方」でダイエットしても続かないし、
痩せても油断するとリバウンドしてしまってました。
だって、ダイエットを続ける動機=モチベーションがない訳ですよ。

これって自分にとって何が問題なのか?
それを解決すると自分の将来がどうなるのか?
といった「自分ごと」の問題として捉えてなかったんですよね。

そこで、痩せて健康的に生きることは自分の人生にどんな価値をもたらすのか?
という視点で問題を定義し直したらどうなったか?

ダイエットは「やり方」ではなく「ライフスタイル」

だと気付いたんです。
ライフスタイル=自分の価値観に沿った生き方

カロリーのことは気にせず好きなだけ食べて、運動もしないけど、ぽっこり
お腹の中年オヤジでいることと、 消費カロリー≒摂取カロリーとなるよう食
生活は意識して、適度な運動を行い筋トレも行って細マッチョな中年オヤジ
でいること、
どっちのライフスタイルを選ぶと自分の価値観に沿った人生を送れるか?

そういう風に問題を定義しなおしたら、
僕は自ずと太らないライフスタイルを送ることが当たり前になったんです。
だから、ダイエットしている感覚はないし、それが辛いと思ったこともない
んですよね。

朝食はフルーツ中心、昼食は食べないか、食べても軽く、エスカレーターと
階段があれば階段を選ぶ、週1回はジムで筋トレする、etc

傍目からみるとストイックだと思われる行動は、僕にとっては自分の価値観に
沿った人生を送るための快適な行動なんです(笑
もちろん、時にはラーメンも食べますし、甘いスイーツも大好きです。
仲間と一緒の時はしっかり食べます。その時は、3日以内にバランス取るように
すれば良いだけですしね。

ダイエットに限らず、あなたが解決したいと思っているその問題は、正しい問題
設定ができているか?見直してみてください。
問題定義を間違えると、解決するための行動も変わってきてしまいますからね。

 


【無料メール講座を毎日配信中です】

才能を開花させるオヤジ
のセンターピン思考養成講座

ビジネスパーソンのあなた、
特に、家族を持つオヤジのあなたに向けて
自分も周りも才能を開花させるための
「センターピン思考」を養成する
無料メール講座を毎日お届けしています。

才能がないからできない…世界から
才能を開花させるからできる!世界へ
 「センターピン思考」
をインストールしてシフトしましょう!

     無料メール講座登録フォーム


メールアドレス
メールアドレス  (再確認)
岡村 拓朗
日本初のハイブリッドワーク・シフト専門コンサルタント
残業ゼロ実現コンサルタント、目標達成PDCAコンサルタント
株式会社センターピン代表取締役
仕事5倍速!実践会主宰/ハイブリッドワーク・ラボ代表 
詳しい自己紹介は「こちら」 です。