PDCAが回らない?回すのはあなた!

PDCAが回らない?回すのはあなた!

PDCAが回らない!回せない!
そんなお悩みお持ちですか?

そんなあなたへ知ってもらいたいのは、
PDCAはそもそも回らない
のが大前提だということ

だからこそ、

PDCAを回すんです。

回すのは誰?

PDCA回らない!と言って放っぽり出しても
現実は何も変わりません。
そういうのを思考停止と言います。

とは言っても、できない理由なら色々あるでしょ?
なーんて言うのも思考停止です。

じゃあ、どうすりゃいいのさ?

だから、PDCAを回しましょう

そもそもPDCAとは概念です。
そんなものが勝手に回ったら世話ないです。

そう。PDCAを回すのは、あ・な・た、です!

PDCAとは試行錯誤だよ

Plan→Do→Check→Action

横文字使うとわかった気になるから怖いですねー
ビジネスで、分かっている、って無意味ですよね
行動して成果を出してなんぼです。

やることはシンプルです。
「計画てて、やってみて、やった事実を踏まえて、
ズレていたら打ち手を変えて、軌道修正していく。
以下繰り返し」

つまり「試行錯誤」ですよ。

試行錯誤って一回きりで終わりではないですよね?
それこそ何度もなんども繰り返すはずです。

計画立てて、失敗することなく、いきなりゴールに
たどり着こうなんて思ってませんよね?

計画立てて、行動したけどうまくいかなかった。
以上終わり。失敗はしたくない!
みたいな話を伺うんですが、そもそも失敗ではなく
上手くいかなかったやり方が見つかっただけです。
どんまい精神で行きましょうよ!

エジソンが電球を発明できたのも、1%のひらめき、
というゴールに向け、99%の汗、という試行錯誤を
繰り返して、成功への道にピントを少しずつ合わせ
て軌道修正したからですよね

試行錯誤を繰り返し、軌道修正しながらゴールに近づく。

つまり、

PDCAを回す=試行錯誤を繰り返す

ということです。

それを高速で繰り返す

ではどのタイミングでPDCAを回すのか?

月1でPDCAを回すとしたら、
軌道修正できるチャンスは年に12回

週1でPDCAを回すとしたら、
軌道修正できるチャンスは年に52回

毎日PDCAを回すとしたら、
軌道修正できるチャンスは年に365回

さあ、軌道修正する回数はどっちが良いでしょう?
少ないor多い

1回あたりの軌道修正の割合は、
  1/12=8.3%
  1/52=1.9%
1/365=0.2%

軌道修正する回数

軌道修正する回数が少ないと、ギャップが大きくなる。
つまり軌道修正する行動に大きな負荷がかかる一方で、
軌道修正する回数が多いほど、ギャップが小さくなる。
つまり軌道修正するための行動はより小さな負荷で済む。
ということになります。

つまり、

日々高速でPDCAを回し続けることが、成功へと近づく
より楽な方法だと言えます。

あなたはPDCAを何回、回していますか?

まとめ

・PDCAとはそもそも回らないもの
・PDCAを回すのは、あ・な・た!
・PDCAを回すとは試行錯誤を繰り返すこと
・高速でPDCAを回すことが成功へ近づく楽な方法

PDCAの回し方はないのか?

ありますよ。こちらのページもご覧ください。
PDCA回したいなら、その手帳じゃダメじゃない?

 

【メルマガほぼ日で発行中です!】
もっと頑張って仕事をこなそうとする「やり方」の追求ではなく、ラクになる仕組みづくりで業務を効率化して、仕事メタボから脱出! 仕事5倍速!を実践していく「考え方」などお届けします。

仕事5倍速!実践会メルマガ登録フォーム
メールアドレス