2018年を振り返る〜岡村拓朗の場合〜

2018年を振り返る〜岡村拓朗の場合〜

ハイブリッドワーク・シフトして
会社員だから最高!と言える世界を!

岡村拓朗です。

ハイブリッドワーカーとしての
2018年の活動を数字で振り返りました。
あなたは今年の活動を数字で振り返ると、
どんな事実が浮かび上がりますか?

会社員以外の平日の夜4時間と休日の8時間
ハイブリッドワーカーとしての年間1872時間
この使い道、岡村の2018年の活動です。

1.講座開催・面談 499時間(27%)
2.講座準備・運用 436時間(23%)
3.心を豊かにする 301時間(16%)
4.情報発信    190時間(10%)
5.他者から学ぶ  145時間( 8%)
※ その他     302時間(16%)

講座、アウトプットに徹した1年でした。
では、それぞれ詳細に見てみます。


1.講座開催・面談 499時間(27%)

▼講座開催と面談(昨年対比)
人とお会いした回数は115回(+52回)
お会いした人数はのべ630名(+208名)

活動の主体を個別コンサルから講座メインに
したことで、回数・人数とも大幅アップしました。
多くの方との出会いをいだだけて感謝です。

 

2.講座準備・運用 436時間(23%)

2018年から新たにスタートした講座
『ハイブリッドワーカー養成講座』
前半は講座開発に時間を投入しました。
講座参加者のみなさんとは講座だけでなく、
毎日オンライン学習でやりとりする時間に
一番力をいれて楽しんでいます。

 

3.心を豊かにする 301時間(16%)

岡村はハイブリッドだから昼も夜も働きづめ
なんて思われている節がどうもありますが、
それ、完全なる誤解です。

心を豊かにする時間はめちゃくちゃ確保します。
シャンパンタワーの法則の通り、まずは自分を満たす
それが何よりも大切だと実感しているからです。

例えば、映画鑑賞は趣味と実益を兼ねてますんで、
2018年は劇場で18本鑑賞しました。
自宅ではストリーミングサービスで93本
年間100本以上、166時間映画みてます。

子供の少年野球のお手伝いも年間113時間
時間がないからできない…ではなくて、
時間がないからどうやってこの時間を捻出するか?
で心を豊かに過ごすことができました。

 

4.情報発信    190時間(10%)

▼ブログ・メルマガでの情報発信(昨年対比)
メルマガ 327本(+153)
ブログ   53本(+43本)
▼執筆
昨年は2冊目の執筆に時間をかけたので、
今年は実質的には対外的な情報発信の時間は倍増。
おかげさまで多くの方との出会いの機会をいただく
ことにつながりました。感謝です。



5.他者から学ぶ  145時間( 8%)

昨年対比ー149時間と今年は半減しました。
昨年は戦略的に他者から学ぶことを選択し、
必要な投資を行いました。
今年はそれが講座という形でアウトプットできたので
量より質で選択した結果です。

投資金額は2,008千円
昨年対比94%と同じ水準ですが、
副業の講師業の売上は昨年対比350%アップ。
(著者としての印税は含まず)
昨年投資したことが今年実を結んだ形となり、
成長するために投資することの大切さを改めて
実感したそんな一年でした。

投資の内容ですが、ほとんど本は読んでません。
成果を出している方、師匠、同志といった他者から
お会いして直接学ぶことだけに集中しました。

これまでお互いに学び合う場を持ったことで
成長のスピードが段違いに早まったり、
ブレイクスルーが起きた経験そのものを
今年は私が講座という形で提供できたことが
何よりもよかったなと実感するところです。

 

今年は昨年以上にハイブリッドワーカーとして
活動量を大きく増やすことが出来ました。
多くの方とも講座を通じてお会いできました。
おかげさまでめちゃくちゃ充実した
いい仕事ができた1年間だったと実感してます。

あなたは今年は何に一番時間を使いましたか?
それはあなたにとって理想の未来を
手にするため必要な行動の時間でしたか?

そうであったならいい感じですね。
もし、そうでなかったら、
よかったですね、今、そのことに気づけて。

2019年はその点を変えていけば
あとは理想の未来に近づくだけです。

あなたもこの機会に今年を振り返って
どんなことをやってきたのか、その事実を
その数字という形でその目で把握してみてください。
どんな気づきが得られるか楽しんで!
是非とも!

【無料メール講座を毎日配信中です】
ハイブリッドワーク・シフトして、会社員だから最高!と言える世界を実現するために、仕事5倍速!でPDCAを実践していく「考え方」などお届けしています。

無料メール講座登録フォーム
メールアドレス