成功の鍵は「なる」ではなく「ある」

成功の鍵は「なる」ではなく「ある」

ハイブリッドワーク・シフトして、 
最高自由と最高自分!で生きる 
視点や考え方をお伝えしています。 

岡村拓朗です。

あなたがもし、 
今年こそ! 
と大きな飛躍を狙っているなら、 

成功するため大切なを 
手渡したいと思います。 

それ、 
なるではなく、 
ある」ことです。 

なるではなくある

よく似た言葉、意識もしたことない
かもしれませんね。

大切なのは語尾の使い方なんです。
こんなイメージです。 

カッコいいオヤジになる 
ではなく、 
カッコいいオヤジである 

なる」ということ 
どういうことか?
それは、今違う、という前提 

それに対して、
ある」ということ 
今既にそうである、という前提 

前提が違います。
実はあなたが成功するかどうか?
前提違いに大きな
秘密が隠されています。 

どんな前提を生きるか?

成功する人、 
既にそうである前提で 
自分自身を定義します。 

言い換えると、
自分自身にコミットします。 

レベル1で「●●である
と定義したら、 
あとレベルを上げていけばいい。 
という前提です。

成功する人は、
成功
0か100ではなく、 
エンドレスレベル上げだと
いうことを知っています。 

「なる」という前提で
まだ…そうでないと 
今を理由に出来ないカードを 
持ち出すではなく、 

「ある」という前提で、
今既にそうであると 
出来るカードを切る。 

 

どうしたらできるかな?と
あなたの可能性と対話することで 
あなた理想未来を切り拓き、
成功を手にしてもらいたい 
そう願っています。是非とも!

【無料メール講座を毎日配信中です】
ハイブリッドワーク・シフトして、会社員だから最高!と言える世界を実現するために、仕事5倍速!でPDCAを実践していく「考え方」などお届けしています。

無料メール講座登録フォーム
メールアドレス