話が伝わらないから時間がかかる問題

話が伝わらないから時間がかかる問題

ハイブリッドワーク・シフトして、
最高の自由と最高の自分!で生きる
視点や考え方をお伝えしています。

岡村拓朗です。

あなたがもし、
日頃から残業が多くて、その原因が 
上司や部下とのやりとりで話がうまく
伝わらなくて時間がかかること

例えば、
資料を提出してもやり直し…
言ったつもりなのに全然伝わってない…
お願いしたのに行動してくれない…

だから、結局全部自分に返ってくる…

どうしたら資料が一発でOKもらえるだろう?
もっと伝わる話し方あるんだろうか?
なんであの人はわかってくれないんだろう?

その悩み、どれもコミュニケーション
に関する悩みですよね?

だからついついコミュニケーションの方法論
これを探そうとするんですが、
実は方法ではなく、目的を間違っていることが
原因である可能性が大です。

コミュニケーションの目的とは?

だから、コミュニケーションの目的を
ちゃんと理解して実践できるようになると、

・上司との資料のやりとりで一発OKもらえる
・言ったことがちゃんと相手に伝わる 
・お願いしたら相手が動いてくれる

なんてことは簡単にできるようになります。

なぜか?

コミュニケーションの目的とは、
あなたが「言いたいこと」を相手に伝える
ことではなくて、
相手が「知りたいこと」をあなたが手渡す 
ことだからです。

人は誰だって自分のことにしか興味がありません。
あなたがどんなに正しいことを伝えても
どんなに滑舌良く話しても、
笑顔で身振り手振り伝えても、 
相手にとっての自分ごとでなければ、
あなたの話は相手に伝わりません。

だから、
あなたが伝えたいことがあるなら、
それを相手が知りたいことに変換する
一手間、このプロセスが必要です。

その上で、
相手が動いてしまうような話の伝え方
相手にとってわかりやすい話の伝え方
グローバル基準の話の伝え方を手にする
この2ステップを踏んでもらいたいのです。

で、どうしたらいいのか?

道具を使うことです。

考える道具を使う

あなたの頭の中という空中戦ではなく、
ある道具、ノートという道具を使って、
手を動かす地上戦で、 
あなたのその目で見ながら考えることです。

実はノートには正しい使い方があります。
ノートが正しく使えるようになることで、
・資料提出したら一発OKがもらえる
・相手に話が正しく伝わる
・相手に行動してもらえる
こんなあなたが得たい結果が手に入ります。

だから、あなたがもし
相手に話が伝わらないことで
そのやり直しに時間がかかる…
自分がやることになって時間がかかる…
なんてことになっているのなら、

そんな世界とはおさらばしてもらいたいのです。
そして残業ゼロへ一歩でも近づいてもらいたい。
そんな思いで開催しているのがこちらの講座です。

『方眼ノート1DAYベーシック講座』
方眼1DAYピンときたあなたの参加をお待ちしています!

【無料メール講座を毎日配信中です】
ハイブリッドワーク・シフトして、会社員だから最高!と言える世界を実現するために、仕事5倍速!でPDCAを実践していく「考え方」などお届けしています。

無料メール講座登録フォーム
メールアドレス