PDCAノート、いつ書くの?今でしょう!

PDCAノート、いつ書くの?今でしょう!

ハイブリッドワーク・シフトして、 
最高の自由と最高の自分!で生きる 
視点や考え方をお伝えしています。 

岡村拓朗です。 

あなたがもし、 
PDCAノート使ってるけど、 
今日のこと振り返ろうとしても 
全然思い出せない。 


だから、 
「P」の予定と「D」の実績くらい 
は書いてるけど、 
「C」の気づきと「A」の改善策 
となるともうお手上げ… 

ノートは毎日のうように空白だらけ、 
自分には向いてないのかな…とか 
やろうとしても出来ないのが情けない…
なんてこと感じてるとしたら 


そんなの私でも、普通にあります。 
「今日一日」を振り返っても、 
何も覚えてないもんです。 


そもそも今日一日を振り返るって 
ほとんどの大人にとっては、 
簡単ではないのです。 


なぜか? 


記憶力のピークは18歳と言われます。 
大人になれば記憶力は衰える一方です。 
なのに、 
今日一日をまとめて振り返ろうなんて 
効率がいいやり方だとは言えません。 


ではなぜ、今日一日を振り返るという 
発想になるのか考えてみましたが、 
子供の頃の日記の習慣のせいでは 
ないかと思うのです。 


夏休みの絵日記で今日のことを書く。 
記憶力が高い子供だから出来たことを 
記憶力のパフォーマンスが下がった 
大人になって同じことをやろうとする。 
だから、出来ない…なんてことに。 


大人には大人の振り返り方があります。 


それが、今、振り返るということです。 
今の気づきを記録するということです。 
記憶鮮度が最高の今、この瞬間に 
気づいたことを書き留める、記録する。 


そして、じゃあ、どうしようかな? 
とNext Stepにコマを進める。 
改善策を書き出してみるのです。 
その間わずか1、2分。 


そして、全てのことに対して 
気づきがあるわけないです。 
気づきがあればOKだし、 
気づきがなくてもOKです。 


PDCAノートはいつ書くの? 
それはいつでも、今でしょう! 


気づきがあれば今この瞬間、 
ノートを広げて書くことで、 
あなたの未来に記録を残すこと 
やってみてくださいね 
是非とも! 

【無料メール講座を毎日配信中です】
ハイブリッドワーク・シフトして、会社員だから最高!と言える世界を実現するために、仕事5倍速!でPDCAを実践していく「考え方」などお届けしています。

無料メール講座登録フォーム
メールアドレス