時短勤務で今まで以上に成果を出すには?

時短勤務で今まで以上に成果を出すには?

岡村拓朗です。

先日『PDCAノート』の読者Oさんに
インタビューさせていただきました。
PDCAノートの実践報告をいただいていて、
すごい!成果を出されていたので、
これはぜひお会いしたいと思ったところで
インタビューが実現できました。

Oさんは、産休明けて時短勤務になるので、
お世話になった職場の皆さんに恩返ししたい
時短勤務でも成果を出したいというところで
産休中に書籍を手に取っていただいたとのこと。

で、OさんがPDCAノート使って、
仕事のPDCA回したらどうなったのか? 

○時短勤務なのに、3ヶ月先の仕事まで
 前倒しで終わってしまう!

○ 2年間停滞していたプロジェクト、
 任されてから実績が150%アップ!

○ ペアの後輩にPDCAノートやってもらったら、
 後輩がめちゃくちゃ評価されるように!

○ その変化にみんなが注目。
 幹部社員へプレゼン実施。念願の講師デビュー!

○ 3月を待たずに1月に今年度の目標数字達成!

フルタイム勤務で毎日仕事に追われていたのに、
時短勤務の今は成果が出てるのに仕事が無いくらいで
毎日が楽しいです。と話されてるのが印象的でした。
新たな目標も見据えて行動をスタートされたようで
そちらも楽しみです。

これってよくないですか?

じつは、これってカンタンなんです。

大事なことは、特別なことをしない
ということです。

Oさんのお話で一番印象的だったのは、

「何も特別なことはしてないんです。
 当たり前のことをやっただけで、
 そしたら結果がどんどん出るんです」

結果を出す人に共通することですが、
特別なことを目指すのではなく、
当たり前のことを愚直にやり続ける
だから結果が出る、というところです。

そのために、
やっていただきたいポイントは3つです。

1.当たり前のことをやり続ける仕組みを持つ
2.振り返りそこから学ぶ仕組みを持つ
3.ゴールを持つ

今日はそのうち1つ目について触れておきます。

仕事で成果を出す方法って色々あると
思われがちですが、基本は2つです。
改善水平展開です。
仕事の基本、当たり前のことですよね?

今やってて成果が出ていないのであれば、
上手くいってないことを見つけ改善する。
そして、
上手くいっていることは水平展開する。

そうやってゴールに向けて当たり前のことを
やり続けること。極めてシンプルですね。
そのために意思とかやる気は要らないんで、
回る仕組みを持つことです。

PDCAノートというのはその仕組みの一つ
当たり前のことをやり続ける仕組みを持つこと
やってみてくださいね、是非とも!

【無料メール講座を毎日配信中です】
ハイブリッドワーク・シフトして、会社員だから最高!と言える世界を実現するために、仕事5倍速!でPDCAを実践していく「考え方」などお届けしています。

無料メール講座登録フォーム 仕事5倍速!の視点


メールアドレス
岡村 拓朗
日本初のハイブリッドワーク・シフト専門コンサルタント
残業ゼロ実現コンサルタント、目標達成PDCAコンサルタント
株式会社センターピン代表取締役
仕事5倍速!実践会主宰/ハイブリッドワーク・ラボ代表 
詳しい自己紹介は「こちら」 です。