「いい気づきがありました」に潜む罠とは?

「いい気づきがありました」に潜む罠とは?

才能を開花させるオヤジをつくる人
岡村拓朗です。

あなたがもし、
セミナーに参加したり、
セッションを受けたり、
新しい学びを得たときに

「良い気づきがありました」

「たくさんの学びがありました」

なんて感想を伝えているなら
センターピンを外している
可能性が大です!


良い気づきがあったなー
いいこと学んだなー

と、その時は思っていたのに
早ければ席を立ったその後すぐに、
遅くとも翌日普段の生活に戻ると

相変わらず仕事に忙殺されてるし
気分もイライラしてるし

あれ?いつも通りの自分じゃん…

なんてことを繰り返すことに…
そんなのもったいない!
と思うんですよ。
そんなことして燻ってる場合じゃない
って。


新たなことを学んだことで

「行動しやすくなりました~!」

「いままでグダグダ同じことを考えていたのに、ほんとスッキリしたことで、やることが増えました!」

「寝る前に書こうと思いましたが…書かなくても、「書けばスッキリできる」と思ったら寝れました」


これを学んでこれが変わったな!
と、自分の変化を実感できる
ようになれるんです。
これってよくないですか?
じつはこれってカンタンなんです。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
大事なことは、
何が見えたのか?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「良い気づきがありました」

「たくさんの気づきがありました」

感想求められてこの言葉が出たら、
思考停止だと思った方がいいです。


(なんとなく)よかった(気がする)
だから、
「良い気づきがありました」


(なんとなく)よかった(ことがたくさんあった気がする)
だから、
「たくさんの気づきがありました」


なんて思考パターンになってませんか?


結局何にも見えてないんです。
ぼんやりしているんです。
つまりピンボケです。
じつにもったいないですよね!


だから、見に行くんです。


その気づきを得たことで、
どんな未来が
手に入りそうなのか?


その気づきを使ったことで
どんな未来が
手に入ったのか


見に行くんです。


そのための3つのポイントがあります。

1.目の向き
2.手の位置
3.口角の角度


学びを手にしたら思考停止にならずに、
未来を見に行くための3つのポイントです。
この3つのポイントを押さえた上で
学びの道具をぜひ使ってください。

方眼ノートです。

いますでに方眼ノートを使っている
と言う方も、本には載ってないこの
3つのポイントを手にしてください。

学んだこと確実にあなたの変化=成果に
結びつけるノートの使い方にアップグレード
していただきます。

https://peraichi.com/landing_pages/view/okamuratakurohougan1daybasic


さあ、
「良い気づきがありました」
なんて感想は封印しましょう。

気づき止まりで思考停止なんて
おさらばしてください。


学びを確実に自分の血肉にするため
何が見えるのか?
ぜひここにフォーカスしてみてくださいね!
ぜひとも!


【無料メール講座を毎日配信中です】

才能を開花させるオヤジ
のセンターピン思考養成講座

ビジネスパーソンのあなた、
特に、家族を持つオヤジのあなたに向けて
自分も周りも才能を開花させるための
「センターピン思考」を養成する
無料メール講座を毎日お届けしています。

才能がないからできない…世界から
才能を開花させるからできる!世界へ
 「センターピン思考」
をインストールしてシフトしましょう!

     無料メール講座登録フォーム


メールアドレス
メールアドレス  (再確認)
岡村 拓朗
日本初のハイブリッドワーク・シフト専門コンサルタント
残業ゼロ実現コンサルタント、目標達成PDCAコンサルタント
株式会社センターピン代表取締役
仕事5倍速!実践会主宰/ハイブリッドワーク・ラボ代表 
詳しい自己紹介は「こちら」 です。