1日が27時間になったら、時間は足りる?

1日が27時間になったら、時間は足りる?

今日のテーマは、「時間」について考えてみます。

「時間が足りない」というお悩みは多いです。

残業が多いから減らしたい
自分の時間がない
家族との時間がない


いわゆる時間貧乏ってやつですね。

では1日が27時間になったら
時間は足りるようになるんでしょうか?

例え1日が27時間になったところで、
時間が足りないという悩みは無くならないと僕は思います。

何故なら、
そもそも「時間がある」と思っているから時間が足りなくなるからです。

どういうことか?

こんな例で考えてみましょう


夜7時から大切な人との食事を予定している日A

夜に特段の予定がない日B

大切な予定がある日Aは、「時間がない」から
何としてでも夜6時には退社できるように仕事しますよね?
でも、特段の予定がない日Bはどうでしょう?
心の中で「時間がある」と思っているから
気がつくと夜8時・9時までダラダラと残業していることはないですか?

締め切りが明確になったから、「時間がない」と思ったから、
時間を有効に使おう、なんとか時間内に終わらせようとするものです。

人生においても同じです。
1日の過ごし方を「仕事の予定」だけで埋めるのではなく、
有限な人生だからこそ自分がやりたいことにフォーカスする。
そして、大切な家族との予定も含めた「タイムマネジメント」が必要です。

つまり、

時間の使い方は誰でもない自分がデザインするんです。
今日はこう過ごそう!ということを手帳上で明確にする。
1日の過ごし方をプランニングする。
それが時間貧乏から脱出するために必要な第一歩です。

夜7時から大切な人との食事を予定している日A
もちろん大切な人とはあなたのパートナーや家族です。
会社の同僚との愚痴しか出ない飲み会ではありません(笑

今日は「時間がある」という気持ちがある限り
「時間は足りなくなる」パラドックスについてお伝えしました。

今日をこう過ごそう!という1日のプランニング方法については
こちらの僕のブログ記事を参考にしてみてくださいね

「 PDCA回したいなら、その手帳じゃダメじゃない?」

 

【メルマガほぼ日で発行中です!】
もっと頑張って仕事をこなそうとする「やり方」の追求ではなく、ラクになる仕組みづくりで業務を効率化して、仕事メタボから脱出! 仕事5倍速!を実践していく「考え方」などお届けします。

仕事5倍速!実践会メルマガ登録フォーム
メールアドレス